top of page
  • エスプラスエス

「当たり前」はある



最近の考えかたとしてダイバーシティ(多様性)という考えはよくわかる、いや、わかっているつもり




たくさん想いがあって、いろんな考えを共有することや、新しいカルチャーを受け入れることが必要な時代に変わり、それがやがて「当たり前」に変わるのだと思う 最近では、「当たり前はない」そんな声が聞かれるようになった 



確かに一理ある


状況や環境、健康もそのカテゴリーに入ると思う


「当たり前」じゃなく感謝すべきこと、大切に思うことはたくさん探さなくても見つけられる

ただ、それと「考えかた」は別物



なんでも許される、そして「当たり前」はないと言われたら、そこは違うと思う(これが古いと言われるのかもしれませんが) 面接にいくときにキレイな服装できちんと挑む

僕の中の「当たり前」ではあるけれど

髪の毛は金髪でも「当たり前」はないからOKという考えかたもある


多様性をどう生きていくか、何を探していくか

正解がないから見つけていかなければならない


当たり前ができないから、いつまでも「当たる前」だとも思う



普通のことができたらきっと「当たる」


だからこそ


「当たり前」はあると思う



Comments


bottom of page